TOP > 取り扱いブランド

取り扱いブランド

1829年にイギリスにてジョセフ・トリッカー氏が創業。靴づくりの聖地ノーサンプトンで現存する最古のシューメーカー。「ベンチメイドシューメーカー」として古くから手仕事を大切にし、靴作りに頑固たる信念を持ち続けてきたことがトリッカーズが愛されている所以です。製法はグッドイヤーウェルテッド。
王冠に3本の鳥の羽根をあしらった紋章は英国王室御用達の証である「ロイヤルワラント」。今は亡き、ダイアナ元皇太子妃がトリッカーズのルームシューズをチャールズ皇太子に薦めたことがきっかけで1982年に指定されました。
雨の多いイギリスの気候を反映し、水たまりやぬかるみでも実用性が高く田舎道を散策できるように作られたのがはじまり。まさにイギリスらしい質実剛健の精神から生まれた究極の実用靴です

イタリア、フィレンツェにあるレディースシューズブランド。オリジナルラウンドヒールやバレーシューズなど、数々のヒット商品を発表しています。デザイナーでもあるファビオ ルスコーニ氏は、長年イタリアファッションの重要なマーケットで、知識と経験を習得し成功を収めました。常にファッションを意識した彼のコレクションは、世界中のバイヤーからも注目されています。現在イタリアは勿論の事、パリ、ロンドン、ニューヨーク、そして日本のセレクトショップでも定番的に取り扱いがあり東京ミッドタウンをはじめ、日本には4店舗の直営店を持つブランドに。
一度履くと瞬く間にFABIO RUSCONIの虜になり移り変わりの早いレディースファッションマーケットでも群を抜くリピーターの多さです。

ディエッメ社は、1974年デニスとミシェル兄弟によって誕生しました。イタリア北東部の山岳地帯、ヴェネト州トレヴィゾにある登山靴専門のシューメーカーとして名を馳せ、現在ではスキーブーツや消防士専用ブーツ、セイフティーブーツなどの特殊技術が必要なシューズも製造。DIEMMEの本格派ブーツをタウンユース使用にクッション性のあるソールへの変更及び、トゥのスチールを取り除く等、再構築を施しファッションアイテムとして昇華させました。イタリアのトップメゾンのブーツや靴等、数多くのトップブランドの製造も手掛けています。近年ではスリッポンなどのスニーカーを発表しデザインは多岐に渡り、APCやBurton , VANS , stone islandとのコラボも実現。プログレッシブなモノ作りは今後も目が離せません。

靴の聖地として有名である、イギリス・ノーザンプトンで1984年にダンスシューズメーカーとして誕生した「CROWN」。
その名の通りインソールに王冠をマークを掲げトップクラスのダンスシューズとして人気を得ています。
近年、日本でも定番となったジャズシューズ。元はファッションではなく英国の社交ダンスや国際ダンス選手権などで選手達が履く練習用シューズがルーツ。
2012年に日本に上陸した後絶大なる人気をほこり現在ではワードローブに欠かせないアイテムの一つとなりました。
JAZZ SHOESの人気は留まることを知らず、他ブランドからのリリースも多くありますがこの本格的なクオリティとリーズナブルな価格のバランスは「CROWN」だけがなし得るコストパフォーマンスです。

1936年にフランスで最初に製造されたスニーカー。その後に発売されたスニーカーのモデルともなった逸品です。今も踏襲されるその外観は、NIKEやCONVERSE等の米国ブランドとはまた違ったクラシカルな雰囲気が味わえます。ミュージシャン、アーティスト、デザイナー等に愛用者が多く、ビートルズのJohn Lennonが1969年発売の”Abbey Road” のレコードカバーで白いSpring Courtを履いている事は有名で、その他Serge Gainsbourg,Johnny Hallyday, Paul Weller,All Saints, Liam Gallagher(Oasis),Damon Albarn, Jude Law, Vanessa Paradis, Johnny Depp, Sadie Frost, Hilton McConnico 等が愛用者として知られている。

▲ページトップへ